おすすめマルチ音源

1ソフトであらゆる音を出すことが可能なマルチ音源。
ぎっしり音源が詰まった、非常にお得感のあるソフト音源です。

おすすめマルチ音源(ソフト音源・マルチ)
XLN Audio Addictive Drums
1位SampleTank 2.5XL
VS FXPansion BFD 2
2位HALION SONIC
VS EZdrummer
3位VI ONE
軽く、即戦力なマルチ音源   音色検索に優れる   圧倒的な音色数
Amazon 楽天   Amazon 楽天   Amazon 楽天

 


SampleTank 2.5XL

ロードが非常に早く、軽いため、複数立ちあげても軽快に動作するマルチ音源です。
楽器をサクサク切り替えることができ、快適に作業可能です。

1位SampleTank 2.5XL
SampleTank2 メリット
・6.5GB
・1,500以上の膨大な音色
読み込みが非常に高速
シンプルで使いやすい
馴染みやすい音色
デメリット
・内部での音作りには向いていない
(外部でのエフェクトが基本)
【メイン画面(音色の選択、エディット)】
1,500種類以上の音色から選択可能
SampleTankメイン画面
サウンドデモ
↓動作が軽く、即戦力になる「SampleTank」を購入する↓
Amazonで購入 楽天で購入

 

HALION SONIC

総合音源としてかなり充実している音源です。
HAlion4ゆずりの次世代オーディオエンジンを搭載しています。

2位HALION SONIC
HalionSonic メリット
・15GB
・1,200以上の膨大な音色
VST Expression(奏法切替)対応
音色検索がスムーズ
デメリット
・内部での音作りには向いていない
(外部でのエフェクトが基本)
【メイン画面(楽器検索・選択)】
1,200以上の音色から選択可能
【エフェクト画面】
様々なエフェクトをかけられる
Halion Sonicメイン画面1 Halion Sonicメイン画面2
HalionSonic前編
HalionSonic後編
↓音色検索に優れる「HalionSonic」を購入する↓
Amazonで購入 楽天で購入

 

VI ONE

音色数が他を圧倒する、即戦力になる音源です。
Kontaktエンジンを採用したインターフェースになっています。

3位VI ONE
VI One メリット
・21GB
2,000種類以上の膨大な音色
・ドラムキットが100種類以上
デメリット
・ロードに時間が掛かる
・楽器の切り替えが煩雑
・内部での音作りには向いていない
【メイン画面(楽器の選択、エディット)】
2,000種類以上の音色から選択可能
VI ONEメイン画面
サウンドデモ
↓圧倒的な音色数を誇る「VIOne」を購入する↓
Amazonで購入 楽天で購入