【JUPITER-8V】抜群の存在感のある”抜ける音”が特徴的

楽器店のDTMコーナーに行かれた方や、作曲をされている方なら、
「JUPITER-8」というハードシンセの名前を
一度は耳にされたことがあると思います。 

「JUPITER-8V」は、アナログシンセサイザーの名機「JUPITER-8」を
ソフト音源として完全再現したソフトシンセです。

1位JUPITER-8V
特徴
ハードシンセの名機
 「JUPITER-8V」を完全再現

・ライブ等でも存在感のある抜ける音

・同時発音数最大32音
・エフェクトが豊富
・400以上のプリセットサウンド
・X/Y軸による視覚的なエフェクト
・モジュレーション対応
・ピッチベンド対応
・スプリットレイヤー対応
格安で購入する
↓史上最強のシンセ音源「JUPITER-8V」を購入する↓
格安で購入する
【そもそも、JUPITER-8とは?】


「JUPITER-8」とは、1981年にRolandから発売されたハードシンセです。
日本で生まれたシンセの中でも最高傑作と呼ぶにふさわしいものでした。
見た目上、カラフルなボタンが特徴的です。

特徴的な音色

JUPITER-8Vの音色の最大の特徴は、
ライブでもしっかり存在感のある抜ける音です。

↑の動画でも分かるように、日本人受けの良い音色が豊富に揃っています。
これだけ音が良いと、作曲のアイデアもたくさん浮かんできそうですね。

個性的なエフェクト、機能が豊富

上記の動画で紹介されていますが、

・「スプリットレイヤー」はもちろん、
・元機ゆずりのエフェクト類、
・ユニークなモジュレーション機能
・Galaxyモジュール(X/Y軸で視覚的に変調をかけられる)
・サウンドマップにより好みの音色を作れる機能

など、個性的なエフェクト・機能が多数揃っています。

特に、この中の「サウンドマップ機能」には注目です。
プリセットから音を選んで使うのがシンセの一般的な使い方ですが、
この機能を使うことで、自在かつ無限にオリジナル音色を作ることができます。
使わないともったいないと言えるくらい素晴らしい機能です。

↓史上最強のシンセ音源「JUPITER-8V」を購入する↓

国内の在庫数が少なく、いつ売り切れてもおかしくない状況にありますので、
購入される場合は、お早めがおすすめです。

格安で購入する