おすすめの無料DAWソフト「Garageband」

お金がかからない

 皆さんはGaragebandというDAWソフトをご存知でしょうか。Apple社から出ているフリーソフトで、Mac OSだけでなくi OSバージョンも出ています。今回はMac OS用、つまりPCバージョンのGaragebandをご紹介します。

 PCバージョンのGaragebandは、i MacやMacbook等のApple社のPCを買うと自動でついてきます。機能は、フリーDAWの中では群を抜いているといえるでしょう。内蔵音源のクオリティも高く、ループ音源に至っては有料DAW並に揃っています。Apple製品特有の感覚で操作するような自由度もあります。

 MacPCを持ってないなら結局お金がかかるじゃん!と思われるかもしれませんが、その点については次に言及します。

追加音源が非常に安い

  Garagebandのもともとの音源数は、有料DAWと比べたら少ないです。しかしこのDAWは3000円だけで有料DAWレベルの音源を取得することができるのです。

 Mainstageという音源拡張アプリケーションをご存知でしょうか。こちらもまたApple社から出ているアプリなのですが、これを追加するだけでAppleの有料DAWであるLogicと同じ音源を使えるようになるのです。

  先ほど、MacのPCを買うお金がかかってしまうのではないかという問題を挙げましたが、通常数万するクオリティの音源を3000円で購入できるとなればまた感覚も変わってくるのではないでしょうか。

  Mac OSはあらゆるクリエイティブな作業に向いていると言われています。既存のPCに有料DAWと有料音源を入れられる値段で、で同じクオリティのDAWと音源、さらにはMac OSのPCを手に入れることができることを考慮したらかなりお得ではないでしょうか。

ギタリストは宅録用エフェクターを買う必要がない

  上記でGaragebandにMainstageで拡張を行う方法を述べましたが、これで宅録用のギター(ベース)エフェクターを揃える必要がなくなります。なぜなら、Daw内に高クオリティなアンプシミュレータが搭載されているからです。数万円かけてIF内蔵マルチエフェクターを買ったり、IFにエフェクターを繋げて音痩せを心配する必要もありません。PCと楽器の間に通すIFは必要ですが、極力必要な機材を減らしてくれます。

 このようにGaragebandは長い目で見ると非常に経済的なDAWソフトであることが分かります。DAWの購入を考えている方でMac OSのPCにも興味があるという方には特にオススメであるといえます。