埋もれたボーカルを浮き上がらせるMIXテクニック

DTMで作曲を続けていると、
そのうち自分が作った音にきちんとボーカルを被せ、
それをひとつの「曲」として完成させてみたいという欲が生じるようになってきます。

その際、自分でボイスを重ねることもあるでしょうし、
他のボーカリストを立てて、そのボーカルを録音することもあるかと思います。

声が埋もれるのはよくあること

いずれにしても、録音したのち、
改めて自分がDTMで作ったオケと人間の肉声をMIXしてみると、
バックの音源と人間の声がいまひとつ馴染まないという事態に
陥ってしまうことが少なくありません。

むしろ、初心者がいきなりバランスよく
声とDTM音のMIXに成功するのは稀とも言えます。
程よいバランスに全体の音量を整えると、
バックのオケの中にボーカルが沈んで聴こえづらくなったり、
かといって、ボーカルトラックだけ音量レベルをあげると、
不自然にそれだけが目立ちすぎたりと、
本来的にMIXは、実に難しいものなのです。

私もその難関にぶち当たり、試行錯誤を繰り返したことがあります。

EQを使った手っ取り早い解決法

手っ取り早いのはイコライザーを調整して、
ボーカルの音域をブーストしたり、カットしたりしつつ、
最も適度に声が馴染むポイントを見つける手法です。
おすすめのEQ

ボーカルを複数に増やして厚みをつける方法

それ以外にも、ボーカルがDTM音の中に埋もれないテクニックがもちろん存在します。

たとえば、ボーカルを二度録音し、それを重ねるダブリングという手法、
あるいはボーカルにエフェクト処理(ショートディレイ)を施し、
原音とエフェクト音をLRに割り振るという手法などがあります。

いずれも程よくボーカルの輪郭がはっきりとし、
DTM音源に負けない形でそれをMIXすることが可能です。