機械っぽい曲から迫力ある曲へ変える作曲法

作曲と言えば今やPC上でDTMで作成することが多いので、
知識がない人でも、操作性さえ覚えてしまえば気軽に作曲出来る様になりました。

しかし、楽器が演奏出来ずに機械っぽさが残ってしまう方も多いと重います。
その原因として特に代表的なのが、ポップス・ロックに必須の「ギター」です。

私が解決した方法

私が解決した方法として利用した方法は、
「RealLPC」「AmpliTube」を組み合わせた方法です。

最近の音源には、
基本的な音源がまとめて入っている音源や、
一つの楽器に特化した音源があります。

RealLPCはその中のギターに特化した音源で、
AmpliTubeはギターのエフェクターです。

ギターがリアルに大変身

ではその問題をどう解決するか。

録音の時に、作曲したギター音源をRealLPCにするだけで
リアルなギターの音に近づきます。

その後、録音したパートにエフェクトに
AmpliTubeを適用します。
AmpliTubeが凄いのは、使いやすさと、幅の広い音が手頃に出せる所です。

ギターのエフェクトの知識がない人でも、
つまみを自由に操作するだけで自分が望む音は大抵出来上がります。

ギターを演奏出来る人でもAmpliTubeを絶賛する人は多く、
MIXでギターの音作りで悩んでる人にも即戦力になり得る素晴らしいエフェクターです。

これだけで自分が作った曲が見違える様な出来になるので
演奏が出来ずに生っぽい演奏を伝えられなかった人、
ギターは出来るけど音作りに悩んでいた人は是非試してみてください。

「RealLPC」・・・リアルなギターのクリーン音を実現
「AmpliTube」
・・・ギターをかっこ良く歪ませるエフェクト